エムズグレイシー 特集

全日本アマチュア修斗開催、10階級で王者決まる!

PRIDE 武士道(3)
9月23日(日)、小田原アリーナ・サブアリーナで『第14回全日本アマチュア修斗選手権大会』が開催。全10階級でトーナメント制覇&プロ昇格を目指した熱い闘いが繰り広げられた。

試合は朝10時から始まり、全102試合が終了したのは夜20時。この長丁場を闘い抜いた精鋭から、インターナショナル修斗コミッションがプロ昇格を認めたのは32名。彼らは、自らISCにライセンス申請を行った段階で正式なプロシューターとなるが、と同時に、より過酷な戦場へと身を投じることにもなる。

◆各階級上位選手は下記の通り

■女子フライ級
優勝:茂木 康子(東京/ストライプル)

■フライ級
優勝:佐藤 裕介(新潟/ピロクテテス新潟)※プロ昇格
準優勝:吉田 和行(福島/パラエストラ福島)※プロ昇格
3位:佐藤 豪(福島/パラエストラ福島)
3位:山上 幹臣(埼玉/総合格闘技道場STF)※プロ昇格

■バンタム級
優勝:舟本 公太(神奈川/TEAM LOCKS)※プロ昇格
準優勝:大塚 希望(神奈川/TEAM LOCKS)※プロ昇格
3位:猿田 洋祐(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)※プロ昇格
3位:藤田 成保(青森/T-Pleasure)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



MMAチーム対抗戦、IFLファイナル全試合結果レポート!

【M'S GRACY】人気のフラワーモチーフがエレガント♪エムズグレイシー(GS-725532)【送料無料...
20日(木・現地時間)、フロリダ州ハリウッドのハードロック・ライブアリーナで行われたIFLファイナル。

アンドレ・グスマォンのダメ押しのヒザ蹴りが、マイク・シエスノレヴィッチの顔面を捉え、さらに追い討ちのパウンドにレフェリーが試合をストップ。この瞬間、NYピットブルズことヘンゾ・グレイシー柔術アカデミーのファイターが、一斉にリングになだれ込んだ。

世界で唯一のMMAチーム対抗戦、IFLファイナルは2連覇を狙ったパット・ミレティッチ率いるクワッドシティーズ・シルバーバックスを、3−2のスコアで下したNYピットブルの下に栄冠が輝き、リング上では16年も昔の柔術×ルタリーブリのバーリトゥード戦を思わせる光景で幕を閉じた。

2−2のタイスコア、9ヶ月で5試合というハードな連戦をこなしてきたファイターたち(フル出場した選手に限り)にとって、余りにも出来すぎたかのような最終決戦。グスマォンとシエスノレヴィッチは昨年対戦しており、このときは2RでグスマォンがTKO勝ちを収めている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



IFLシーズン決勝 ヘンゾ率いるNYピットブルズが世界一の座に!

半額☆50%OFF☆ ◆送料無料◆ ふんわり可愛いスカート♪【M'S GRACY エムズグレイシー】横段...
20日(木・現地時間)、フロリダ州ハリウッドのハードロック・ライブアリーナでIFL(インターナショナル・ファイト・リーグ)の2007年シーズン総決算、ファイナルが行なわれヘンゾ・グレイシー率いるNYピットブルズが、二連覇目指したクアッドシティーズ・シルバーバックスを3−2で下し、見事世界チャンピオンの座についた。

ライト級からヘビー級まで5階級の所属選手が戦い、3勝を挙げたチームが勝利となるIFL。ピットブルズはウェルター級のデウソン・ペジシュンボが、ジェイク・エレンバーガーを腕十字で切って落とすと、続くライト級でもデイヴィダス・タウロセヴィチュスがIFLワールドGPライト級に出場するバート・バラセウスキーを腕十字で破り、世界一へ王手をかけた。

しかし、続いて初のピットブルズ代表となったヘビー級のリコ・ロドリゲスは、ベン・ロズウェルの堅実ファイトに判定負け、続いて登場したフェービオ・レオポルドも昨年の対戦でヒザ十字を極めて一本勝ちしているライアン・マクギヴェーンの倒れずに殴る――戦法の前にKO負けを喫してしまい、楽勝モードが一転、2−2のイーブンに...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



MMAチーム世界一は、ピットブルズかシルバーバックスか?

ホーム・クッキン / ジミー・スミス
photo by International Fight League20日(木・現地時間)、米国フロリダ州ハリウッドのハードロック・カジノでインターナショナル・ファイト・リーグ(IFL)の2007年シーズン・フィナーレが行われる。

MMA界で初めて、チーム対抗リーグ戦のコンセプトを持ち込んだIFL。チームファイトが浸透したとはいいがたい面もあるが、良質なファイターを揃え、ライブイベントは全米各地で好評を得ている。

 全12チームから、最後まで生き残り、決勝のリングに上がるのはパット・ミレティッチの指導の下大会2連覇を目指す、クワッドシティズ・シルバーバックス。対するはヘンゾ・グレイシー率いるニューヨーク・ビットブルズ。昨年に引き続き、この両チームの間で、世界一の座が争われる。また、この日は伝説の柔術家ホーウス・グレイシーの息子ホーレス・グレイシーが、プレリミナリーファイトに登場、MMAデビュー戦を迎える。

(引用 livedoorニュース)



【HERO’S】9・17KIDは?桜庭は?宇野は? 前田日明が全試合を総括!

HERO'S 2007〜ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦&決勝戦〜/格闘技[DVD]
 9月18日(火)神奈川県内のホテルにて、TBS主催『OLYMPIA HERO’S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦』の一夜明け会見が行われ、前田日明HERO\'Sスーパーバイザー(以下SV)が昨日の大会を総括した。前田SVは昨日の試合をどう見ていたのか? 全試合の解説は以下の通り。

TBS
「OLYMPIA HERO’S 2007 
ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦」
2007年9月17日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ
開場15:00 開始16:00

▼メインイベント ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦 HERO’Sルール 5分3R 70kg契約
○J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカントップチーム)
一本 1R4分48秒 ※腕ひしぎ十字固め
●アンドレ・ジダ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
※カルバンがミドル級世界王者に輝く

「もっと壮絶な打ち合いになるか、逆に判定決着になるのかと思っていたんですが、カルバンがキャリアでジダを押さえ込みましたね...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



桜庭vsヒクソンが大みそかにも実現

半額☆50%OFF☆ ◆送料無料◆ さりげないラインストーン☆がアクセント!【M'S GRACY エムズ...
 「HERO’S」(17日・横浜アリーナ)、桜庭とヒクソンは相思相愛だった。グレイシー一族最強の男ヒクソン・グレイシー(47)があと1試合、リングで戦う用意があることを明言。桜庭和志(38)戦を熱望した。桜庭もヒクソンにラブコールを送っており、早ければ12・31Dynamite!!で運命の対決が実現する可能性が高まった。また9カ月ぶりに総合格闘技に復帰した山本“KID”徳郁(30)は柔術世界王者ビビアーノ・フェルナンデス(27)の寝技に苦戦したが、判定で振り切った。
 ヒクソンは桜庭-柴田戦に先立ってリングインし「次にお会いするときはセコンドでもアイサツだけでもなく、戦う精神を存分に発揮するためにこのリングに上がりたい。もう1試合すばらしい戦いを見せる力は十分にあります」と、復活を約束。リングサイドから試合に視線を注いだ。
 桜庭は素早く反応した。腕ひしぎで粘る柴田を参ったさせると、まずは「船木さん、試合よろしくお願いします」と、柴田の師で桜庭戦を熱望する船木誠勝に改めて返答...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



桜庭、ヒクソンにリングから挑戦状…HERO’S2007決勝戦

半額☆50%OFF☆ ◆送料無料◆ さりげないラインストーン☆がアクセント!【M'S GRACY エムズ...
 ◆HERO’S2007決勝戦 ▽スーパーファイト ○桜庭和志(1回6分20秒 腕ひしぎ逆十字固め)柴田勝頼●(17日・横浜アリーナ) 桜庭和志(38)=チーム桜畑=と、ヒクソン・グレイシー(47)=ブラジル=の夢対決の可能性が高まった。柴田勝頼(27)=ARMS=のプロレスラー対決に臨んだ桜庭は、腕ひしぎ逆十字固めで貫録勝ち。試合を見守ったヒクソンに対戦を要求。ヒクソンは、桜庭が対戦候補リストに入っていることを明かした。“400戦無敗”のヒクソンと“グレイシー・ハンター”桜庭の対決は必至だ。 柴田とのプロレスラー対決で、桜庭が鬼になった。タックルで倒してサイドポジションを取ると、柴田の顔面に右拳を振り下ろした。動けない柴田の顔に20発以上、パンチを連打。体勢を変えて腕ひしぎ逆十字固めに移行し、タップさせた。「ファンの人に喜んでもらえたんじゃないですか。もうちょっと動けるように練習したい」と余裕の表情だった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



桜庭完勝!ヒクソン戦受けて立つ

【M'S GRACY】コケティッシュなアニマル柄がオシャレ★エムズグレイシー(TD-727515)【セレブ系】
 夢のカードが実現の方向に動き出した。HERO’Sミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦は17日、横浜アリーナで行われ、柴田勝頼(27=ARMS)に一本勝ちした桜庭和志(38=チーム桜畑)がリング上からヒクソン・グレイシー(47)に対戦ラブコールを送った。ヒクソンも条件付きながら対戦を受諾。早ければ今年大みそかの「Dynamite!!」での対戦が実現する。なお、ミドル級王者にはJ・Z・カルバン(24)が2年連続で輝いた。 戦い終えた桜庭はトレードマークの満面の笑みでマイクを握った。 「お兄さん、そろそろボクたちも年なんで、試合よろしくお願いします」 リングサイドに向けられた視線。その先には400戦以上無敗の男、ヒクソンが微笑をたたえて座っていた。伝説の男への対戦ラブコールは、ファイターとしての本能にほかならなかった。 要求に恥じない、完勝だった。柴田と戦った桜庭は序盤から相手を圧倒。右足を取ってグラウンドに移行すると、サイドポジションから右拳を執ように顔面に振り下ろした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



カルバン連覇!桜庭は"伝説の男"へ対戦表明 『HERO'S 2007』全試合結果!

半額☆50%OFF ◆送料無料◆ カタログ掲載人気ジャケット♪【M'S GRACY エムズグレイシー】製品...
9月17日(月・祝)、横浜アリーナで開催された『HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦』。

ミドル級世界王者決定トーナメントベスト4に加え、昨年大晦日以来の総合出場となる山本“KID”徳郁、更には桜庭和志vs柴田勝頼の実現、元PRIDE組、ミノワマンにセルゲイ・ハリトーノフ、アリスター・オーフレイムらの登場と、かつてない注目度の中で行われた今宵のHERO'S。その試合は、熱戦の連続となった。

トーナメントを制したのは、J.Z.カルバン。準決勝でビトー“シャオリン”ヒベイロを短期決戦で破ると、決勝は宇野薫に勝ったアンドレ・ジダと対戦。試合は開始早々、ジダのパンチで片膝を付くダウンを喫するも、冷静にグラウンドへと持ち込み、ペースを引き戻す。最後は腕ひしぎ十字固めでタップアウトを奪い、終わってみれば、カルバンは準決勝、決勝共に完勝と言える内容だった。

また、日本人最後の希望として、ファンの大きな期待を背負った宇野は、シュート・ボクセの新星、ジダの前に準決勝で散った...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



【HERO’S】元PRIDE戦士が激突!ハリトーノフが見事リベンジに成功

【M'S GRACY】人気のフラワーモチーフがエレガント♪エムズグレイシー(GS-725532)【送料無料...
TBS
「OLYMPIA HERO’S 2007 
ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦」
2007年9月17日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ
開場15:00 開始16:00

▼第7試合 スーパーファイト HERO’Sルール 5分3R
○セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/CLUB VOLK HAN)
TKO 1R4分21秒 ※レフェリーストップ
●アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリー)

 1R、アリスターはインローからフック、ハリトーノフも左フックを当てる。すぐに右ストレートを返すアリスター。ローキックの足を奪ってタックルに入ったハリトーノフだが、アリスターはクラッチから足を抜く。打撃から組み付くアリスターを投げるハリトーノフだが、すぐに離れる。

 再び組み付くアリスターはバックにつき、揺さぶりをかけてテイクダウンを狙うがハリトーノフはアームロック。離れるアリスターは右ハイキック、ハリトーノフは右ストレート、ヒザに来るアリスターに右フックを見舞う...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




エムズグレイシー 特集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。